研課題
J-GLOBAL ID:200904063590038009  研究課題コード:9800025957 更新日:1995年07月06日

海洋大循環の実態解明と総合観測システムに関する国際共同研究 1海洋大循環の実態解明に関する観測解析研究 (6)北太平洋の炭素循環に関する観測研究

International collaborative studies on the clarification and the overall observation system of ocean circulation (6) observation and study on carbon circulation in the north Pacific Ocean
実施期間:1993 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
1) 研究目標 海洋は大きな熱容量や輸送能力に加えて大気中の50倍もの炭素を含むともいわれ、温暖化等の地球規模の気候変動に大きな影響を与えていると考えられる。このため、本研究では世界海洋循環実験(WOCE)等の国際共同研究計画に貢献するとの観点から、充分な実態解明の行われていない深層域を中心とした海洋大循環の実態解明とこのための観測システムに関する研究開発を目標とする。 2) 研究計画 北太平洋海域を重点的な調査海域として(1)海洋大循環の実態解明に関する観測解析研究を海洋物理学的手法・海洋化学的手法・海洋生物学的手法を用いて行う
キーワード (7件):
海洋循環 ,  海洋観測 ,  国際協力 ,  海洋物理学 ,  深層 ,  北太平洋 ,  炭素循環
研究制度: 科学技術振興調整費による総合研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1994年度: 5,103(千円)

前のページに戻る