研課題
J-GLOBAL ID:200904064022632172  研究課題コード:9800028932 更新日:1995年04月06日

フラクタルパターンの形成機構とその応用

Investigation of mechanism of fractal pattern formation and its application
実施期間:1994 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
自然には何ら対称性を持たないと思われるものが多く見られる。その中にも自己相似性にもとづくフラクタル性,マルチフラクタル性,セルフアフィニティ等の性質を有し科学的な分離や分析が行われるようになってきた。これらの新しく発見された対称性を種々の現象に見い出し,例えば,ゴキブリの食餌行動に,高山帯におけるレキ移動のパターンに,核融合プラズマ中のパターンなどがあるが,これらのランダムな現象に内在する統一的側面と多様的な側面を明らかにすることによって形成機構を解明することを目的としている
キーワード (5件):
フラクタル ,  パターン形成 ,  自己相似性 ,  対称性 ,  無秩序系
研究制度: 経常研究
研究予算: 1994年度: 3,300(千円)

前のページに戻る