研課題
J-GLOBAL ID:200904064048704171  研究課題コード:9800041483 更新日:1998年03月20日

自己浮上ブイによる深海底からのデータ回収に関する研究

Study on data recovery from deepsea bottom with self-floating buoy
実施期間:1995 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
海溝域などの深海底で長期観測を行う場合、海底の観測装置から観測データを内蔵したブイを定期的あるいは必要に応じて海面へ浮上させ、衛星経由で陸上にデータを伝送する方法がある。この方法を用いて長期観測ステーションに搭載する自己浮上式小型データ回収ブイを試作し、試験を行い、実用性、経済性を評価する。
キーワード (5件):
ブイ ,  浮体 ,  海底 ,  測定データ ,  データ収集
研究制度: その他の研究制度
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
国立研究開発法人海洋研究開発機構
研究予算: 1995年度: 2,000(千円)

前のページに戻る