研課題
J-GLOBAL ID:200904064587788982  研究課題コード:0150001474 更新日:2001年11月12日

インテリジェント材料の機能特性の向上と信頼性の評価

Improvement of functional characteristics and evaluation of reliability of intelligent materials
実施期間:1998 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
インテリジェント材料は材料自身が自ら感じ,動作するという機能を持った材料で,次世代をになう究極の材料として非常に期待されており,当センターにおいてもセンサー機能を付与したセラミック系,金属系インテリジェント材料について研究開発を進め,構造用材料に圧電機能薄膜を形成させた応力検知型のインテリジェント材料の開発に成功した。しかしながら,開発した材料の実用化を考えた場合,更なる機能特性の向上と機能特性の長期に亘る安定性が必要である。そこで,本研究では,開発したセラミック系及び金属系インテリジェント材料の応力検知特性の向上(具体的には発生電圧の増大等)と応力検知特性の長期維持を目的として研究を行う。
キーワード (3件):
インテリジェント ,  圧電体薄膜 ,  センサー
研究制度: その他の試験研究機関

前のページに戻る