研課題
J-GLOBAL ID:200904064784523478  研究課題コード:9800026325 更新日:2004年11月26日

残土等建設廃材の発生抑制と有効利用に関する研究(その1)

Study on suppression of the generation of surplus earth and other construction waste and their effective use (1)
実施期間:1994 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
建設工事から発生する残土量あるいはコンクリート廃材量等が年々増加している中で建設廃材の処分地の限定化,処分地容量の先細り化及び処分費の高騰とその処分を取り巻く環境は悪化の一途をたどっている。本研究は,盛土,基礎地盤として強度的に問題があるため残土として廃棄物となる関東ロームや沖積粘土をコンクリート再生砂で混合し高圧で締固めすることにより,その強度,圧縮性,透水性等を改善するものである。1)関東ロームを対象とした高密度締固め試験,2)沖積粘土を対象とした高密度締固め試験
キーワード (4件):
捨土 ,  廃材 ,  廃物利用 ,  建設工事
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (C029000000)
研究制度: 経常研究
研究予算: 1994年度: 4,790(千円)

前のページに戻る