研課題
J-GLOBAL ID:200904065200879612  研究課題コード:9800044960 更新日:2001年03月30日

近赤外(NIR)スペクトルの繊維分析法への高度活用の検討

Examination of highly utilization near infrared spectrum for fiber analytical method
実施期間:1997 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
試料として繊維の樹脂加工に重要な意義を持ちかつ構造が単純な直鎖オレフィン系のポリエチレン、ポリプロピレン及びその誘導体であるポリ四フッ化エチレン、ポリ塩化三フッ化エチレン、ポリ酢酸ビニル、ポリ塩化ビニル、ポリビニルアルコールなどの化学構造と近赤外(NIR)スペクトルの吸収特性との関係を求める。また、セルロースの吸湿発熱性を付与する酸化化学加工におけるカルボキシル基の生成量はその性能を大きく左右するが、この化学的変化がスペクトルのどの位置に定量的に特性吸収を示すかを調べることにより、この化学加工時の品質管理への応用を図りたい。
キーワード (10件):
赤外分光分析 ,  近赤外スペクトル ,  ポリプロピレン ,  ポリエチレン ,  ふっ化エチレン ,  ポリ酢酸ビニル ,  ポリビニルアルコール ,  分子構造 ,  赤外吸収スペクトル ,  カルボキシル基
研究制度: 経常研究
研究予算: 1998年度: 230(千円)

前のページに戻る