研課題
J-GLOBAL ID:200904065499320713  研究課題コード:9911004570 更新日:2009年11月12日

茶園における環境保全的施肥管理技術の確立 環境に配慮した省力的施肥管理技術の確立

Establishment of environment preservative manure technique in tea garden: Establishment of laborsaving manure technique considering environment
実施期間:1998 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
新肥料溶出試験 溶出特性の温度依存が小さいとされる新肥料の溶出試験を実施し,春肥への適応性と適切な施肥時期を検討する。亜酸化窒素ガス揮散量の低減効果 温室効果ガスとして指摘されている亜酸化窒素の茶園からの発生量を低減するため,肥料の種類や施肥量が発生量に及ぼす影響を調査し,有効な肥培管理法を明らかにする。
研究制度: -

前のページに戻る