研課題
J-GLOBAL ID:200904065754356654  研究課題コード:0250003306 更新日:2003年12月15日

水稲の低コスト生産をめざした基盤整備と栽培技術の確立 (1)経営形態に対応した低コスト稲作技術の確立 1)省力育苗、省力施肥および耕起法を組み合わせた低コスト移植技術体系の確立と実証

Preparation of the base and establishment of cultivation technique for low cost production of paddy rice: (1) Establishment of low cost paddy rice production technique compatible with management form: 1) Establishment and proof of low cost transplanting technical system by combining laborsaving raising seedling, fertilizing and tillage method
実施期間:1999 - 2002
研究概要:
レベラ整地圃場における乳苗移植栽培では、移植前に雑草を防除するとともに株当たりの苗本数を7本に増やす必要があった。また、地力窒素の発現量が少ないため、基肥窒素量の増施が必要と考えられるなかで、基肥全量栽培は有効であった。
キーワード (4件):
水稲 ,  低コスト ,  簡易耕起移植 ,  体系化技術
研究制度: 経常研究

前のページに戻る