研課題
J-GLOBAL ID:200904065942612056  研究課題コード:0550028422 更新日:2005年03月23日

ランダウ減衰によるイオン波衝撃波の形成

実施期間:0 - 0
研究概要:
直流放電で生成されるプラズマでは電子温度とイオン温度の比が大きいので,イオン音波のランダウ減衰は小さい.すると,衝撃波は形成しにくいので,以下の二つの方法で,ランダウ減衰を増大させた.1)アルゴンプラズマ中に軽い水素ガスを混入させ,共鳴粒子(水素イオン)を増加させた.2)グリッドに1.5MHzの高周波を0.2V程度印加してイオンを加熱した.ランダウ減衰の増大により,振動衝撃波と単調衝撃波の伝搬に成功した.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)

前のページに戻る