研課題
J-GLOBAL ID:200904066267662584  研究課題コード:9800016529 更新日:1996年11月22日

再突入飛翔体用アブレータの研究

Study on heat resisting ablator in space craft reentry
実施期間:1990 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
大気圏再突入飛しょう体や惑星突入プローブ用の耐熱材として用いられるアブレータを開発することを目指して材料選定およびアーク加熱器による評価試験などを行っている。惑星突入プローブでは加熱率および飛行動圧の意味で通常の地球周りの軌道からの再突入に較べより厳しい環境に曝される。従来回収カプセルに使用することを前提に開発されている低密度アブレータに大幅な改良を加え,アーク加熱器により最大熱入力6MW/m2,動圧約1気圧の条件で試験を行った
キーワード (9件):
スペースシャトル ,  惑星着陸機 ,  耐熱材料 ,  大気圏突入 ,  アブレーション材料 ,  耐熱性 ,  熱特性 ,  性能試験 ,  航空宇宙用材料
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る