研課題
J-GLOBAL ID:200904066486277750  研究課題コード:0250003171 更新日:2004年11月04日

イネ白葉枯病抵抗性遺伝子の探索・単離と利用に関する研究

Isolation and utilization of genes for resisitance to rice blight desease (Xanthomonas campestris pv. Oryzae)
実施期間:1998 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
【背景】イネではゲノム塩基配列が解読され,現在ではその配列が意味する情報の解明に重点が置かれており,その一つに病害抵抗性の発現機構の解明が挙げられている。【ねらい】白葉枯病菌を用いてイネの病害抵抗反応メカニズムを解明する。そのことによって,イネ重要病害に対する防除方法の開発や抵抗性品種育成をより効率的に行うための基礎的知見を得る。なお,この課題は遺伝的解析技術を有する広島県立大学と共同で取り組む。
キーワード (3件):
イネ ,  白葉枯れ病 ,  遺伝解析
研究制度: -

前のページに戻る