研課題
J-GLOBAL ID:200904066848904457  研究課題コード:0250002891 更新日:2004年01月19日

FPGAを用いた地上支援装置の開発

Development of ground assistance equipment using FPGA
実施期間:2000 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
人工衛星/ロケットを用いた天文観測では,検出器の多画素化/高性能化により,高速データを処理できる地上支援装置が必要となっている。また,検出器の性能向上のテンポが早いため,機器開発を短期間で行なうことが,世界に先駆けた観測につながる。本研究では,FPGA(Field Programable Gate Array)を用いて,将来のさまざまなミッションに対応可能な地上支援装置を開発する。2001年度には,FPGA搭載PCIボードを導入し,「ASTRO-F」搭載機器のための地上支援装置(高速データ受信装置)を開発した。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る