研課題
J-GLOBAL ID:200904067277636987  研究課題コード:0250005561 更新日:2003年12月15日

損傷境界曲線評価法の実験的検証

Experimental verification of evaluation of damage boundary curves
実施期間:2001 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
共同12005「段積み状態での製品衝撃強さに関する実験的検討」において,現在JIS Z0119およびASTM D 3332で規定されている衝撃試験方法では,製品の衝撃強さを誤評価してしまう可能性があることが実験的に実証された。さらに,そのような誤評価が発生しない試験方法を新たに考案した。本研究では,その新試験法「損傷境界曲線(以下,DBCと略称する)評価法」に従って,実際に製品(ビデオカセットレコーダー)の衝撃強さ試験を行い,その評価精度について検討する。
キーワード (10件):
衝撃 ,  強度 ,  製品 ,  破壊 ,  伝達率 ,  包装 ,  衝撃応答解析 ,  試験方法 ,  損傷 ,  境界曲線
研究制度: 経常研究

前のページに戻る