研課題
J-GLOBAL ID:200904067484119909  研究課題コード:9800028966 更新日:2003年11月04日

木質系緩衝材の製造技術の開発

Development of woody cellular materials
実施期間:1994 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
最近,スチレンフォームやウレタンフォームなど従来断熱材料や吸音材料として建築および自動車部材などに用いられてきたプラスチック発泡体を木質系材料で代替しようとする研究が盛んである。本研究では,木質系緩衝材の経済的な製造技術の確立を目指すものである。具体的には,樹脂による接着性能と発泡材による嵩持ち効果(すなわち,低比重化)の組み合わせ条件を探り,そのプロセス開発を行う
キーワード (8件):
緩衝材 ,  木質材料 ,  接着剤 ,  接着強さ ,  発泡剤 ,  比重 ,  断熱材料 ,  吸音材料
研究制度: 経常研究

前のページに戻る