研課題
J-GLOBAL ID:200904067652613663  研究課題コード:9800018878 更新日:2003年05月14日

高磁界用導電材料Cu-Ag合金の評価と応用 (相手側:米国フランシスビッター国立磁石研究所)

Evaluation and application of Cu-Ag alloy, electroconductive material for high magnetic field
実施期間:1992 - 1992
研究概要:
高磁界マグネットを実現するうえで極めて重要な高強度・高導電材料であるCu-Ag合金について高磁界特性を評価し,マグネットへの応用上の問題を明らかにする1)Cu-Ag合金の大型化の研究を進め,この材料の特性評価を高磁界マグネットを使って行う2)その結果を大型化研究にフィードバックさせる。得られた特性からマグネット最適設計を進める
キーワード (5件):
電磁石 ,  導体材料 ,  銅合金 ,  銀含有合金 ,  磁化特性
研究制度: 科学技術振興調整費による個別重要国際共同研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1992年度: 7,105(千円)

前のページに戻る