研課題
J-GLOBAL ID:200904067666975401  研究課題コード:0550028870 更新日:2005年03月23日

急速凝固プロセスによる準安定ガーネット相の形成

実施期間:0 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
イットリウム鉄ガーネットに代表される希土類鉄ガーネットは,光ファイバ網分岐部における戻り光を遮断する光アイソレータとして用いられている.この希土類鉄ガーネットの高性能化が光ファイバ通信の高品質化につながる.そのためには,イオン半径の大きいLa~Ndのガーネット相を形成させることが考えられるが,酸素イオンで形成される12面体位置に入ることができないため,安定相として存在しない.そこで本研究では,ガス音波浮遊装置にスプラット急冷装置を組み合わせることにより,過冷した融液を急冷することにより,安定相として存在しない希土類鉄ガーネットを生成させることを試みた.この手法を用いることにより,安定相として存在しないNd1Sm2Fe5O12組成において,準安定的にガーネット相を形成することに成功している.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)

前のページに戻る