研課題
J-GLOBAL ID:200904068681540710  研究課題コード:9800034665 更新日:2010年11月15日

木製遊具の耐久性向上技術の開発

Development of the technology improving durability for wooden park facilities
実施期間:1995 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
木製遊具をはじめとする木製屋外施設の防腐処理には,アルキルアンモニウム化合物がよく使用されている。アルキルアンモニウム化合物は木材を着色しない利点があるが,従来使用されていたCCAよりも効力が弱く十分な耐久性を付与できないおそれがある。そこで,アルキルアンモニウム化合物で処理された木製遊具の初期の防腐性能を向上させると共に,維持・補修方法について検討する
キーワード (4件):
木製屋外施設 ,  耐久性 ,  アルキルアンモニウム化合物 ,  CCA
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 1,500(千円)

前のページに戻る