研課題
J-GLOBAL ID:200904069191270699  研究課題コード:9911004660 更新日:2001年12月10日

羊毛織編物のパルスコロナ処理を用いた防縮加工

Shrinkproofing processing of wool fabrics with pulse corona treatment
実施期間:1999 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
羊毛織編物にパルスコロナ処理を行った後、樹脂加工をすることによって、防縮性を付与する方法を開発する。柔軟加工や撥水加工が行われていない染色織物を用いた実験を行い、織物の密度、厚みなどの違いによる処理条件を検討する。その結果を検討した上で、衣服の試作を行い製品の収縮試験を行う。また、羊毛ニットに関しては、編み方による収縮性が大きく異なるため、適当な試験布は当所で製作する必要がある。
キーワード (4件):
パルスコロナ処理 ,  プラズマ処理 ,  羊毛 ,  防縮
研究制度: 経常研究

前のページに戻る