研課題
J-GLOBAL ID:200904069306495975  研究課題コード:9800018262 更新日:2005年01月14日

名古屋市内水域における多環芳香族炭化水素の挙動に関する研究

Study on the behavior of polyciclic aromatic hydrocarbons in water areas in city
実施期間:1991 - 1992
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
環境中には数多くの発癌物質があるが,この中でも多環芳香族炭化水素は,重要な発癌物質群を構成している。PAHは化石燃料の燃焼過程で生成し環境中に広く放出されている。それらは大気圏ばかりでなく水圏にも微量ながら広く存在し,水,底質,魚介類等に存在することが研究されてきている。これらの研究は分析技術の発達に支えられており分析法の検討は重要課題である。そこで,環境試料中におけるPAHの分析の検討と水圏における分布と挙動について調査研究する
キーワード (9件):
芳香族縮合炭化水素 ,  汚染物質 ,  発癌物質 ,  水質汚濁 ,  公害計測 ,  水質試験 ,  汚染監視 ,  水質管理 ,  愛知
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E310000000)
研究制度: 経常研究
研究予算: 1992年度: 800(千円)

前のページに戻る