研課題
J-GLOBAL ID:200904069702588307  研究課題コード:0250003469 更新日:2003年12月15日

常緑果樹の生産性向上技術の確立 (1)ビワの台木利用による連作障害の軽減

Establishment of technique for improving productivity of evergreen fruit tree: (1) Reduction of damage by repeated cultivation of loquat using stock
実施期間:1993 - 2002
研究概要:
連作土壌において、台湾ビワの実生を台木に用いた樹の生育を検討する。既存品種(瑞穂,楠)台木とに比較すると、台湾台木は樹勢が旺盛で樹の枯死がみられなかった。連作園に適した強勢台木であることが判明した。
キーワード (4件):
ビワ ,  台木 ,  タイワンビワ ,  連作障害
研究制度: 経常研究

前のページに戻る