研課題
J-GLOBAL ID:200904069945940939  研究課題コード:0550030291 更新日:2005年11月06日

温熱治療中の非侵襲的温度モニターに関する研究

実施期間:2006 - 2007
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
温熱ひ治療は42.5°C以上の温度で行われ、1°Cの加温温度上昇によって1000倍も殺細胞効果が得られ、正常組織は神経支配によって血管拡張し、血流増加により、温度は上昇し難いが、壊死部を有する腫瘍部では正常部に血流が流れて、スティリング効果によって血流が低下し、選択的に腫瘍部の温度を上げる事が可能となる。臨床では温度測定は熱電対温度センサーを複数本加温部に刺入して、局所的な温度測定が行われている。治療部位や症状によっては温度センサーの収入が困難な場合も発生し、正確な温度分布の表示が望まれている。本研究は高周波加温時に腫瘍組織に流れた高周波電流が誘導する磁界を対向したコイル対で検出し、非侵襲的に温度測定を試みるものである。
キーワード (7件):
温熱治療 ,  非侵襲的温度測定 ,  高周波加温装置 ,  高周波電流 ,  磁界 ,  コイルアンテナ ,  2次元温度分布
研究制度: -
研究予算: 2006年度: 4,330(千円)

前のページに戻る