研課題
J-GLOBAL ID:200904070383118511  研究課題コード:9800022746 更新日:2001年03月30日

神奈川県内住民の食事からのウラン取り込み量の把握

The estimation of the daily intakes of Uranium from diets by Kanagawa Prefectural residents
実施期間:1993 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
自然界に普遍的に存在するウラン及びトリウムに関する研究は,岩石,土壌などの地球化学的試料については数多く行われている。しかし,これらの核種による内部被曝線量を推定する上で重要な食品(日常食)や,飲料水中の放射能濃度レベルの把握は,諸外国,日本でも行われているが,未だ,十分な知見が得られていない。そこで,神奈川県内に核燃料加工工場があることも考慮し,県民の食品及び,日常食摂取から取り込みウランによる内部被曝線量を評価することをめざし,食品及び日常食中のウラン濃度レベルを把握する
キーワード (8件):
神奈川 ,  食品 ,  食事 ,  摂食 ,  ウラン ,  濃度 ,  被曝線量 ,  飲用水
研究制度: 経常研究
研究予算: 1995年度: 80(千円)

前のページに戻る