研課題
J-GLOBAL ID:200904070608482277  研究課題コード:0550028577 更新日:2005年03月23日

B500気球の研究

実施期間:0 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (12件):
研究概要:
本研究は,数百kgの観測器を高度40km以上に飛翔させる大型気球の開発を目的として行われた.本気球は,直径115.2m,長さ159.5m,容積50万立方米の気球で,これまでの日本で開発した最大の容積の気球である.気球材料はメタロセン触媒を用いた膜厚20umのポリエチレンフィルムが使用された.放球は平成15年9月3日三陸大気球観測所からセミダイナミック放球方式で行われ正常に上昇し,高度43kmで水平浮遊に入れることができた.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)

前のページに戻る