研課題
J-GLOBAL ID:200904070881310470  研究課題コード:9800031613 更新日:2006年02月21日

寒冷地における担い手に魅力ある高品質ブドウの大規模栽培技術体系の確立

Establishment of systematized techniques for large-scale cultivation of high quality grape in cold region appealing to inheritors
実施期間:1995 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
山形県に適すると思われる新品種’安芸クイーン’等が育成されたことから、これらの品種について早期成園化・省力栽培技術など、担い手に魅力ある技術を確立し、ブドウ産地の活性化を図る。
キーワード (6件):
ブドウ ,  山形 ,  活性化 ,  寒冷地 ,  省力化 ,  栽培管理
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 3,400(千円)

前のページに戻る