研課題
J-GLOBAL ID:200904071367576719  研究課題コード:9800021258 更新日:2001年11月22日

ショウジョウバエにおける外部生殖器官の形態進化に関与した遺伝子の探索とそのクローニング

Isolation of genes responsible for the morphological evolution of male genitalia in Drosophila
実施期間:1992 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
キイロショウジョウバエの近緑7種において種の同定に用いられる唯一の信頼できる形態変異は雄の外部生殖器である。雄の外部生殖器の速い形態進化は動物,特に昆虫においてはよく観察される特徴であり,セクシャル・セレクションが働いているとの仮説も提唱されている。エンハンサー・ディテクター・スクリーニングとPエレメント誘発突然変異を用いて生殖器の種間構造変異をもたらした遺伝子の探索とそのクローニングを行う
キーワード (6件):
ショウジョウバエ ,  生殖器 ,  生物進化 ,  スクリーニング ,  変異誘発 ,  突然変異
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1994年度: 1,200(千円)

前のページに戻る