研課題
J-GLOBAL ID:200904072775809426  研究課題コード:0450023648 更新日:2005年11月09日

大豆の成熟異常を回避する潅水技術の確立

実施期間:2004 - 2005
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本県の大豆栽培では,夏季の干害による着莢数の低下で成熟異常(成熟期の青立)が発生し,汚損粒による収量,品質の低下が著しい。しかし,省力的な潅水方法や的確で簡易な潅水指標がなく,生産現場では効果的な潅水は行われていない。そこで,暗渠を利用する省力的な地下潅漑技術の実用性を明らかにするとともに,大豆の葉の気孔開度(浸潤度)を測定することによる簡易な潅水指標を作成する。

前のページに戻る