研課題
J-GLOBAL ID:200904072916712235  研究課題コード:0150005558 更新日:2006年03月24日

脳血管障害による「神経細胞死」の予防と治療

Protection and therapy of neuronal death by brain vascular diseases
実施期間:1998 - 2002
研究概要:
脳血管性障害に基づく神経細胞死は痴呆症状発現の主因であるが,この病態解明と治療法の開発を目指した研究プロジェクトを遂行した。虚血による神経細胞死に至る過程での,レセプター・イオンチャンネル分子の変化,細胞内カルシウムの動態および,細胞死関連分子のカスケードについて遺伝子レベルに至る研究を行った。さらにこれら基礎的な研究結果に基づく治療法の開発を試みた。実験動物としてはげっ歯類のマウス,ラット,砂ネズミのほか,人の臨床面にも通ずる霊長類のサルを用いた研究を行った。 (k2001.10)
キーワード (12件):
脳虚血 ,  神経細胞死 ,  カルシウムシグナル伝達 ,  グルタミン酸受容体 ,  アポトーシス ,  遺伝子治療 ,  アルツハイマー病 ,  プロテアーゼ ,  カルパイン ,  カテプシン ,  PET ,  ノックアウトマウス
プロジェクト名: 脳血障害による「神経細胞死」の予防と治療
プロジェクト実施機関 (1件):
  • 自治医科大学
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 川合 述史(研究管理統括者)
研究制度: 科学技術振興調整費
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る