研課題
J-GLOBAL ID:200904073571065300  研究課題コード:0350014526 更新日:2005年02月01日

病原性変異蛋白質のウルトラハイスループット検査法の確立-BSEのスクリーニングを目指して-

Establishment of ultrahigh-throughput detection method for pathogenic protein mutant: Aiming at screening of BSE.CJD
実施期間:2002 - 2005
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
北海道大学電子科学研究所の田村教授のグループ等と共同で、1から数個の蛍光分子を検出できる超高感度検出システム(FCS)のBSE検査への応用を目指している。現在、組み換えプリオン蛋白質を用いて、FCSと従来法(ELISA法およびウエスタンブロット法)の比較を行っている。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E001000000)
研究制度: -
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る