研課題
J-GLOBAL ID:200904073752380348  研究課題コード:9800037582 更新日:1998年02月26日

庄内フルーツ産地拡大技術の確立 1)庄内おうとう高品質安定生産技術の確立,2)カキ好適生産誘導技術の確立,3)カキ高接樹における立枯れ症状の原因究明と対策技術の確立

Study on establishment of field expansion technique of Shonai fruits 1)high quality stable production of Shonai cherry, 2)production inducible technique suitable for persimmon, 3)cause elucidation and countermeasure technique establishment of damping-off generated in high position grafted persimmon
実施期間:1994 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
庄内地域にフルーツ産地の拡大を図るため,おうとうの品種適応性の検討と産地で発生している「幼果菌核病」の防除対策技術,カキ平核無の大玉良品果生産への好適施肥体系とせん定法並びにカキの高接ぎ更新樹に発生する立枯れ症状への回復技術を確立する
キーワード (8件):
桜桃 ,  カキ ,  菌核病 ,  施肥 ,  整枝 ,  立枯病 ,  病害防除 ,  山形
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 1,810(千円)

前のページに戻る