研課題
J-GLOBAL ID:200904073776799951  研究課題コード:9800039140 更新日:2003年12月15日

常磁性有機金属錯体の他核NMR測定法の開発

Development of the method for determining the structures of paramagnetic organometallic complexes with other nuclear NMR
実施期間:1996 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
反磁性金属と常磁性配位子,常磁性金属と反磁性配位子,常磁性金属と常磁性配位子からなる3種類の有機金属錯体を合成する。それぞれについて他核NMRを測定し,そのスペクトルから,常磁性が金属部分や配位子に及ぼす影響を考察する。常磁性金属にはCr(III)やNi(II)などと,常磁性配位子にはニトロキシルニトロキシドラジカルなどを用いる。反磁性金属には,Co(III)やRh(III)などを,反磁性配位子には,ピラゾラト-3.5-ジカルボキシラトを用いる
キーワード (6件):
常磁性 ,  反磁性 ,  錯体生成 ,  金属錯体 ,  有機金属化合物 ,  NMR【磁気共鳴】
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 250(千円)

前のページに戻る