研課題
J-GLOBAL ID:200904074212582967  研究課題コード:0250005578 更新日:2004年12月10日

食品残さ給与による和牛の肥育技術

Establishment of fattening technology of Japanese black by feeding the food by-product
実施期間:2001 - 0
研究概要:
和牛肉は近年,大衆的な価格と安心・健康的な食品として要求されている。その肉をより安く生産するには,肥育期間の短縮等とあるが,まず食品残さの利用による低コスト化を追求するのが現実的である。和牛肉としての肉質,DGを低下させることなく,肥育飼料をトウフ粕等食品残さでどこまで代替できるかが,まず第一のねらいである。品質面では,健康をうたう機能性食品素材の含有率等を高める飼養管理技術等も同時に調査する。
キーワード (5件):
黒毛和種 ,  肥育 ,  低コスト ,  リサイクル飼料 ,  豆腐粕
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E387000000)
研究制度: その他の研究制度

前のページに戻る