研課題
J-GLOBAL ID:200904074262556754  研究課題コード:9800021875 更新日:1996年11月14日

陶磁器釉薬の安定化技術の開発

Improvement of chemical durability for ceramic glaze
実施期間:1993 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
陶磁器は化学的耐久性の高い材質として知られ,食器としてよく使われているが,釉薬の種類,使用条件等によっては成分溶出する場合があり,一層の安定性が求められている。しかし,安定化条件究明に必要な釉薬の微構造解析には高度な分析技術が要り,解決されないまま課題として残されているため,釉薬の組成,組織,化学状態等を詳細に分析し,メカニズムについて検討を行い,安定化条件を解明するとともに安定化技術を確立する
キーワード (9件):
うわぐすり ,  顔料 ,  着色剤 ,  発色 ,  陶磁器 ,  食器 ,  化学組成 ,  組織 ,  安全性
研究制度: 経常研究
研究予算: 1995年度: 5,400(千円)

前のページに戻る