研課題
J-GLOBAL ID:200904074269755370  研究課題コード:9800007044 更新日:2003年12月15日

高温酸化物超伝導セラミックの機能性に及ぼす力学効果に関する研究

Mechanical dependence of superconductivity of high Tc superconducting ceramics
実施期間:1988 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
高温酸化物超伝導セラミックの実用化への関心が高まる現在,超伝導マグネット,磁気浮上式列車などの超伝導応用機器への応用にあたっては,その機械的特性の把握と超伝導特性に及ぼす力学効果に関する研究が不可欠である。本研究ではY系及びBi系の酸化物超伝導セラミックの超伝導特性に及ぼす応力及び歪効果の評価と超伝導から常伝導への遷移挙動の解明とその予知方法の開発に関する研究
キーワード (9件):
超伝導体 ,  セラミック ,  酸化物 ,  イットリウム化合物 ,  ビスマス化合物 ,  超伝導 ,  高温超伝導 ,  応力歪特性 ,  常伝導
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 8,000(千円)

前のページに戻る