研課題
J-GLOBAL ID:200904074704493200  研究課題コード:9800044756 更新日:2003年12月15日

紳士服の形態安定化のための研究

Study on shape stabilization of men's suit
実施期間:1996 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
衣服に使われる布地は水分,熱,応力(張力,せん断力)等によって寸法変化を起こしやすく,このため縫製加工時に布地が本来の寸法で縫い合わされないことが多い。この場合,縫製直後は仕上げプレスによって形態が保たれていても,後で水分の吸収によって本来の寸法に戻ろうとするために型くずれを起こす。そこで,プレス機や恒温恒湿機を用いて布地の縫製加工時の寸法変化を正確に予測する方法を確立し,エージング機を用いて本来の寸法に戻して縫い合わされるようにする。さらに衣服の形態安定には不可欠なシームパッカリング防止のために,高速衝撃試験機及びFメータを用いて縫糸の特性を調べる
キーワード (5件):
衣服 ,  縫製 ,  形状制御 ,  縫合糸 ,  繊維特性
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 122(千円)

前のページに戻る