研課題
J-GLOBAL ID:200904075416937370  研究課題コード:0250001790 更新日:2005年02月01日

北海道におけるライム病の疫学と診断法の導入に関する調査研究

Survey and introduction of diagnostic methods of lyme-borreliosis in Hokkaido
実施期間:2001 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (7件):
研究概要:
ライム病はダニ媒介性の細菌感染症で、感染症法では四類感染症に指定されている。本研究は北海道におけるライム病の野外調査、血清診断法の導入を目的としている。平成15年度は静内町でマダニ類、豊頃町においてマダニ類とネズミ類、白糠町、北檜山町、上ノ国町においてネズミ類の採集を行い、それらの試料から53株のボレリアが分離された。また、これまでに採取・同定した野外株からの安定的な抗原の確保が可能となり、血清診断用抗原の有用性を確認し、血清診断法の導入が可能となった。
キーワード (5件):
ライム病 ,  ダニ ,  遺伝子工学 ,  血清診断 ,  培養試験
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E001000000)
研究制度: 経常研究

前のページに戻る