研課題
J-GLOBAL ID:200904076101651040  研究課題コード:1410 更新日:2013年10月07日

自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計

実施期間:1995 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
液晶構造を持つガラス薄膜、三重項発光材料としての有機金属化合物、有機//無機層状ペロブスカイト化合物などの新規発光材料を探索し、分子性発光機能材料の新しい可能性を開拓した。特にイリジウム化合物からの三重項発光を利用して有機ELの発光効率の著しい向上を達成した。ミクロ共振器構造を用いた有機ELデバイスの発光特性制御法を確立し、一方ミクロ共振器構造を用いた発光特性の詳細な解析から有機ELの光取り出し効率の向上の新しい手法を見いだした。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
報告書等 (6件):
もっと見る
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る