研課題
J-GLOBAL ID:200904076993032633  研究課題コード:9800037337 更新日:1998年02月19日

半自動引箔装置応用による手機の製織技術高度化に関する研究

Study on weaving technique improvement of manual machine using the semi-automatic foiling apparatus
実施期間:1996 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
帯地や金襴の製織においては,力織機では全自動引箔装置が用いられているが,手機では普及しておらず,引箔は手作業で行われることが多い。本研究では,手機における引箔のヘラ引き作業を自動的に行う半自動引箔装置を試作開発することにより,煩雑な作業を必要とする引箔の自動化を図り,更にこの半自動引箔装置を用いた手機の製織技法について検討する。これにより,西陣産地における手機の製織技術高度化の一助とするものである
キーワード (5件):
製織 ,  絹織物 ,  金属箔 ,  織機 ,  和服
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 0(千円)

前のページに戻る