研課題
J-GLOBAL ID:200904077287107147  研究課題コード:9950000001 更新日:2006年03月16日

福祉機器の操作性安全性評価(天井走行式リフターの操作性・安全性等の評価)

Evaluating operability and safety welfare equipment (Lift)
実施期間:1995 - 1999
研究概要:
介護が必要な高齢者や障害者が安心して快適に暮らせる環境の整備に資するため、福祉機器のひ とつである「天井走行式リフターの安全性や操作性及び乗り心地等の試験評価方法」の標準化に向 けて研究を行う。現在市販されているリフターの機械的・電気的な安全性や信頼性を調査するため、 耐久試験、環境試験、性能試験、機能試験、破壊試験について26項目に及ぶ物理試験データを 収集し、解析する。また試験用リフターを用い安全性や操作性に関係の深いリフターの動き(走行 速度、加減速度)に対する利用者及び介護者の感覚値を収集・比較し適正値を見いだすため、 医療機関(老人医療センター及び総合リハビリテーションセンターの協力を得てモニターテストを 実施する
キーワード (3件):
リフター ,  介護 ,  福祉機器
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 永田 可彦
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究所管機関:
国立研究開発法人産業技術総合研究所

前のページに戻る