研課題
J-GLOBAL ID:200904077405593035  研究課題コード:9800003863 更新日:1994年02月14日

組織特異的に存在する低分子量RNAの機能発現制御への関与

Functions of tissue-specific small RNAs in regulation of gene expression
実施期間:1986 - 1992
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
ほ乳動物等の高等動物では,組織特異的に見い出される低分子量RNAが存在する.それらの大部分の分子種の機能が不明であるが,遺伝子発現制御に関与する可能性が指摘されている.マウスを対象に,これら低分子量RNA類を二次元ゲル電気泳動法で高分解能に分離する方法を確立し,塩基配列を決定し,遺伝子をクローン化し,発生過程における経時的変化を解析し,遺伝子発現制御における役割を検討する
キーワード (9件):
RNA【核酸】 ,  組織特異性 ,  遺伝子クローニング ,  形質発現 ,  経時変化 ,  ほ乳類 ,  動物実験 ,  ゲル電気泳動 ,  ヌクレオチド配列
研究制度: 補助金
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1992年度: 200(千円)

前のページに戻る