研課題
J-GLOBAL ID:200904078125630926  研究課題コード:9800045876 更新日:2001年11月26日

フナゲノムの遺伝子解析

Genetic analysis of crucian carp genome
実施期間:1997 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
フナゲノムの数種の高頻度反復配列DNAの解析を進め,フナ特異的(269bp)反復単位の他,5SrDNA+リンカー(209bp)単位を詳細に調べた。又,3n・4n特異的単位(137bp)をも見いだしてin situハイブリダイゼイーションも含めた解析をした。更に,3nクローン個体のミトコンドリアゲノムの一次構造の大部分を決定した。その他,小さくて数の多い染色体(3n=150)の観察のため,走査型電子顕微鏡により2nと3nフナの核型分析を行った。
キーワード (8件):
フナ ,  ゲノム ,  遺伝子頻度 ,  反復配列 ,  クローン ,  ミトコンドリア遺伝子 ,  染色体 ,  電子顕微鏡観察
研究制度: 経常研究

前のページに戻る