研課題
J-GLOBAL ID:200904078888582990  研究課題コード:9800046845 更新日:2006年03月16日

固体高分子電解質中のイオンクラスターの動的条件下での構造解析

実施期間:1996 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
固体高分子電解質は、高いイオン伝導性を有する材料であり、種々の電気化学プロセスにとって重要な材料である。この材料の高性能化、高機能化を図り、新規材料開発を行う必要性がある。本研究では、フッ素樹脂系イオン交換膜である固体高分子電解質中のイオン伝導サイトにおいて水を伴って形成されるイオンクラスターの構造及び凝集状態を、静的状態と電場存在化での動的状態において、主にX線小角散乱を組み合わせてミクロ構造の動的変化の解明を行う。これにより、イオン伝導機構との相関を明らかにし、新規材料設計に対する指針を確立することを目的とする。
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究所管機関:
国立研究開発法人産業技術総合研究所
研究予算: 1996年度: 5,689(千円)

前のページに戻る