研課題
J-GLOBAL ID:200904079496238103  研究課題コード:0250002813 更新日:2002年12月02日

果実に障害をもたらす難移動性養分(カルシウム・ホウ素)の簡易測定技術の応用と,それにもとづく早期栄養診断法の確立

The practice of simple measuring method of non-movemental nutrients (Ca, Bo) which give the injury to fruits, and establishment the nutrient analysis of early stage
実施期間:2001 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
リンゴのカルシウム欠乏症(ビターピット)とアンズのホウ素欠乏症は,発生すると,その被害が大きい。これらの養分の簡易測定法の応用により,早期栄養診断法を確立して,被害を回避する。
キーワード (7件):
リンゴ ,  アンズ ,  カルシウム ,  ホウ素 ,  ビターピット ,  簡易測定技術 ,  栄養診断
研究制度: 経常研究

前のページに戻る