研課題
J-GLOBAL ID:200904079759428131  研究課題コード:0150001465 更新日:2008年07月16日

植物資源の活用循環系を創造するための三重県をモデル地域とした検証

Potentialities of Mie prefecture as a model area to create the recycling system for lignocellulosics
実施期間:1999 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究分野 (1件): 地域研究
研究概要:
リグノセルロース系(LC)資源の高度な循環系の構築を意図し,その地域潜在性を検証する1stステップとして三重県における潜在LC資源量の統計調査と,松阪地域で残廃材に関するアンケート調査を実施した。その結果,前者の統計値は産業廃棄物7.6万t,一般廃棄物5万tおよび未利用間伐材3.9万tとなった。アンケート結果の残端材発生量は樹皮を除いて2.6万tと推計され,焼却以外の処理方法に関心のある製材所の約半数は新たな投資を意向した。
キーワード (5件):
リグノセルロース ,  資源量 ,  循環 ,  検証 ,  廃棄物
研究制度: 共同研究

前のページに戻る