研課題
J-GLOBAL ID:200904079933996403  研究課題コード:0450021149 更新日:2004年11月08日

短節間トマトの周年栽培における高品質生産技術の確立

Establishment of high quality production technique of short joint tomato in year-round culture
実施期間:2002 - 2005
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
は種から栽培管理を中心とした省力・軽作業化技術として開発した移動ベンチNFT方式による1段果房穫り養液栽培を応用して、最近育成された短節間トマトを用いることにより更なる省力・高品質生産を図る。まず、若苗の定植による強い樹勢を積極的に活用して省力化を図りつつ、「房どり」の可能性を検討する。さらに作業姿勢の改善を前提に、低樹高・低段穫り栽培、並びに誘引法の改善による低樹高・多段穫りを検討する。また、培養液の組成調節による使い尽くし方式による閉鎖系システムで、生育状況に応じた組成・濃度調節により高品質果実の周年生産を目指す。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E374000000)

前のページに戻る