研課題
J-GLOBAL ID:200904080020120978  研究課題コード:9800044036 更新日:1998年01月19日

職域健康診断の妥当性に関する研究

Study on adequacy of the medical examination at working place
実施期間:1997 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
安衛法の改正(平成元年)では定期健康診断項目は旧検査項目から倍増されて今日に至っている。現在,有所見率は38%に達したといわれているが,疾病発見と保健指導の見地から各項目のもつ意義と比重にはそれぞれ差があり,有所見率の解釈は個々の内容を充分検討しつつ行う必要があり,現行の定期健康診断項目の妥当性につき各種資料に基づき検討している
キーワード (5件):
産業衛生 ,  健康管理 ,  臨床検査 ,  定期検査 ,  成人病
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 1,000(千円)

前のページに戻る