研課題
J-GLOBAL ID:200904080056588305  研究課題コード:9800041598 更新日:2004年03月31日

フロンティアセラミックスの設計・創製に関する研究 2.界面配位構造の計測・モデル化と制御に関する研究

Study on design and creation of frontier ceramics 2. Study onmeasuring, modeling and control surface coordinate structure
実施期間:1995 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
1) 研究目標 セラミックス界面を機能発現のフロンティア-機能フロンティア-と考え、これを積極的に制御・利用するためのセラミックス材料基礎科学を「二次元設計」の概念のもとに構築し、高機能・新機能を持ったフロンティアセラミックスの設計・創製に関わる研究を、(1)界面フロンティア電子の計測・モデル化と制御、(2)界面配位構造の計測・モデル化と制御、(3)界面局所組成の計測・モデル化と制御の三つの観点から、学際的・国際的視点に立って総合的に推進する。 2) 研究計画 (2)セラミックス界面の原子オーダーの周期配位構造に着目し、その原子配置、界面エネルギーの周期性の計測・評価手法の開発及び界面配位構造に関し理論・モデル化を行っていくとともに、構築モデルにもとづいたセラミックス界面配位構造の制御法に関連した基盤技術の確立を目指す。
キーワード (4件):
機能性セラミック ,  界面 ,  構造 ,  界面張力
研究制度: 科学技術振興調整費による総合研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1996年度: 86,856(千円)

前のページに戻る