研課題
J-GLOBAL ID:200904080174549489  研究課題コード:0350013804 更新日:2003年10月21日

気候温暖化に対応する果樹栽培技術の確立

実施期間:2003 - 2007
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
【背景】瀬戸内沿岸地域では ‘安芸クイーン’の導入が急速に進んでいる。しかし,沿岸部では成熟期の高温が成熟に悪影響を及ぼし,良好な着色が得にくく,生産規模拡大の最大の制限要因となっている。また,気候温暖化により現在着色の良い県中北部産地においても着色不良問題が発生すると予想される。【ねらい】着色に及ぼす耕種的条件を樹の栄養条件及び温度環境との関係から明らかにするとともに,高温ストレス下で着色が良好となる樹体管理技術を確立する。

前のページに戻る