研課題
J-GLOBAL ID:200904081054577043  研究課題コード:9910001595 更新日:1999年02月01日

新素材製品開発プロセス効率化研究(エンジニアリングプラスチックの射出成形解析)

Research Project Increasing the Efficiency of a New Material Product's Development Process-Injection Molding Analysis of Engineering plastic
実施期間:1996 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
CADで設計した新素材製品データを基にCAEで強度計算などのシミュレーションを行い,ここで得られた結果を製品や生産設備にフィードバックすることで開発期間の短縮や開発コストの低減を図るための研究を進める。そのためには,企画力や設計力を中心とした技術開発力の向上が不可欠である。しかしながら,新製品開発のための企画・設計・試作には,相当のコスト並びに時間・労力が必要であり,このことが地域企業の技術開発力向上の大きなネックとなっている。そこで,この試作・実験をシミュレーションすることができるCAEを活用し,CADで設計したデータを基にCAEシステムで開発予定製品の強度計算などのシミュレーションを行い,ここで得られた結果を直接製品にフィードバックすることで開発期間を短縮し,高機能製品の開発を行うためのエンジニアリングについて研究する。
キーワード (7件):
プラスチック ,  歯車 ,  射出成形 ,  金型 ,  チャンネル ,  クーラント ,  ランナー
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 1,630(千円)

前のページに戻る