研課題
J-GLOBAL ID:200904081429904799  研究課題コード:9800011911 更新日:2005年12月08日

彩漆塗膜の発色性に関する基礎研究

Basic study on the coloring properties of lacquer paint films
実施期間:1991 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
彩漆は透漆(木地呂・梨地・朱合)に顔料を混練して作るが,漆自体が固有の色を持っているため,顔料の持つ色がそのまま発色されることはない。また漆の乾燥時の温湿度によっても発色に変化をきたす。漆膜の物性においても,軟らかい膜になったり硬い膜になったり等,同様に変化をきたす。これらのことが経験に基づいて行われているため,色の再現性等に問題が生じている。そこで,科学的に測定を行い,発色とそれに付随する物理的性質について研究を行う
キーワード (15件):
うるし ,  塗膜 ,  神奈川 ,  発色 ,  顔料 ,  混練 ,  物体色 ,  混色 ,  乾燥 ,  温度条件 ,  湿度 ,  硬度 ,  温度依存性 ,  水分依存性 ,  再現性
研究制度: 経常研究
研究予算: 1992年度: 1,000(千円)

前のページに戻る