研課題
J-GLOBAL ID:200904081615654565  研究課題コード:9800036279 更新日:2001年12月11日

遠赤外アレイ検出器の基礎開発

Fundamental study on the far-infrared array detector
実施期間:1994 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
飛翔体搭載用の遠赤外アレイ検出器の基礎開発を行なった。遠赤外波長帯では単素子の高性能 の検出器が開発され観測に用いてきたが,検出器の多素子化によって観測の高効率化,撮像観測 の実現が可能となる。Ge:Ga8素子1次元アレイを開発,Ge:Ga2次元素子の概念を実証する ための基礎的な実験及び詳細設計を行い、期待される性能は十分なものであり実際の製作も可能で あることがわかった。実機と同じ4×8素子のアレイを組み立てて極低温に冷却し、感度、雑音、効率 、視野、ストロークなど様々な試験を行い初期の性能を達成できることを確認した
キーワード (8件):
赤外検出器 ,  光検出器アレイ ,  観測装置 ,  人工衛星 ,  飛しょう体ぎ装 ,  半導体素子 ,  ゲルマニウム ,  ガリウム
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る